旅行で家を空けた際に空き巣被害に合わないために取るべき行動

関係機関とはしっかりと事前の連携を取りましょう

旅行に出る際に気をつけたいのがセキュリティ問題です。 特に長期間、家を空ける海外旅行の際は空き巣などが侵入しない様に自宅のセキュリティは万全にしたいものです。 戸締りなどを徹底したり、セキュリティグッズで防犯対策を講じるという事も大切ですが、自身で事前に準備をしたり、言動に気をつける事でより一層、セキュリティを高めることが出来ます。 まず、長期間、家を空けるという時には集合住宅などの場合は管理会社に事前に連携をしておくのが良いでしょう。 不在時の見回りなどをしてくれるケースもあるので、空き巣対策が図れます。また、合わせて、行いたいのが、郵便や新聞の配達会社への連絡です。新聞や郵便が溜まる事で不在にしているという事がばれてしまうので、自ずと空き巣に狙われる危険性が高くなります。事前に一定期間の配達の停止を依頼しましょう。

旅行中のSNSへのアップが空き巣を招く原因に

新聞や郵便を止めたり、管理会社に依頼を行っても、自らでが原因で空き巣を招いてしまうと言うケースもあります。 近年多くなっているのが、SNSへのアップ記事を見て、不在を知り、空き巣に入るというものです。 SNSに海外に滞在している旨や長期間、家を留守にしているという内容の記事を掲載してしまった場合、自ら自宅は無防備な状態ですよと言う事を宣伝している事になります。 直接的な友人に空き巣を行う人間はいなくても、たまたま閲覧した人間が空き巣を働くという事も起こりえるので、SNSへのアップには細心の注意を払う様にしましょう。 この様にせっかくの旅行を台無しにしないためにも、自らで守れる部分はしっかりと守って行きましょう。